単身赴任などで東京で暮らすことになった場合、生活期間が何年も続かないような1年未満のような短い場合は、不通にアパートを借りるよりかはマンスリーマンションのようなところで生活したほうがある意味では安上がりになる場合があります。その理由はまず普通のアパートで暮らすとなると、部屋には本当に何もないから生活に必要な物資をすべてそろえなければなりません。それらは衣類箱や冷蔵庫や洗濯機、部屋の照明器具などといった生活家電、もちろん寝るための布団類などすべてとなります。これらを全部買うとそれなりのお金がかかるし、またそれを部屋に搬入するための引っ越し代がかかります。しかしマンスリーの場合は、これら生活に必要な物資のほとんどがすぐ使える状態で用意されています。家賃はその分高めに設定されてますが、生活物資を全部買って引越し屋さんに依頼しない分だけ手間が省けます。もちろん今ごろはテレビもあるし、インターネットができるようにするための回線までご丁寧に用意されています。

東京観光にも便利なマンスリーマンション

マンスリーマンションは、短期滞在にはぴったりです。東京観光をするときには、ホテルに宿泊するのもいいですが、一週間程度の長さであればマンスリーマンションのほうがお得になるケースも多いです。短期では通常の賃貸契約が基本できませんから、マンスリーマンションは非常に便利になります。通常の賃貸とホテルのちょうど間のような感じだと考えておけばいいでしょう。家具家電付きなので、荷物は最小限で済ませられるのがメリットです。ホテルと違って、インターネットも自由に使えますし、若い人たちにはこちらのほうがいい場合も多いです。東京なら基本どこであっても交通アクセスはいいです。観光をするベースキャンプとして有意義に使っていけることでしょう。空き部屋は比較的簡単に見つけられるのでオススメができます。ネット予約等にも対応しているケースがあるので、スマホがあればその場で契約も可能です。

東京のマンスリーマンションについて

東京一極集中が問題になっていますが、やはり日本の中心であることは動かしようのない事実です。四年後には東京オリンピックを控えていますし、ますます景気は上昇するのではないでしょうか。オリンピック関連の工事は、各地で急ピッチに進んでいます。東日本大震災の復興工事との兼ね合いもありますが、全国各地から工事関係者が上京しているようです。しかし、ここで問題になってくるのが宿泊施設です。ホテルや旅館が確保出来ずに、マンスリーマンションを確保するケースが増えているようです。東京にはマンスリーマンションが多くありますし、会社が借り上げて従業員の宿泊場所にしているようです。キッチンや広々とした浴室もありますし、ホテルよりも快適だと評判になっています。外国人観光客も多いので、マンスリーマンションの需要はますます増えるのではないでしょうか。